Dojoシリーズ
Dojoコラム

DX推進による業務改善の方法とは?手順や実行時のポイント

企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)推進による業務改善を実現するには、現場では具体的にどのように施策へ取り組めば良いのでしょうか。近年は業務プロセスのデジタル化が進み、業界を問わず多くの企業で生産性向上が課題となり、仕事の進め方に見直しが必要となっている状況です。

そもそもDXとは、企業がデジタル技術を活用して自社のビジネスモデルを変革し、企業競争力を高める取り組みを指します。経済産業省が2020年に公表した資料「デジタルガバナンス・コード2.0」において、DXの定義は以下のように説明されています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

DX推進による業務改善をスムーズに実現するには、上記のゴールへ向けて順序立てて、全社的に取り組むことが重要です。本記事では施策を成功へ導くために、業務改善を進める流れや手法、ポイントまで解説します。ぜひ参考にしてみてください。

【出典】経済産業省「デジタルガバナンス・コード2.0」
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/investment/dgc/dgc2.pdf

続きを読む

業務改善のアイデアが出ないのはなぜ?アイデアが出ないときの対処法

日々の業務に多くの課題が残され、目標達成が困難な状況が続いたり、従業員のモチベーション低下が発生したりしていないでしょうか。このように業務改善が必要とされているにもかかわらず、会社内で効果的なアイデアが出ないため、改善のスピードが遅れてしまうケースも少なくありません。

本記事では、業務改善のアイデア出しで役立つ知識をご紹介します。アイデア出しを実行するまでの流れや、アイデアが出ないときの対処法までお伝えするため、ぜひお役立てください。

続きを読む

業務改善のための社内アンケートの作り方|質問例や実施のポイント

業務改善は、多くの企業にとって避けられないテーマです。業務改善を実現するには、現場の従業員の声を正確に抽出し、自社が抱える課題を一つひとつ解消することが求められます。

従業員の意見を幅広く募りたい場合は、社内アンケートを実施するのがおすすめです。匿名で回答できるようにしたり、質問項目を工夫したりすることで、従業員の率直な考えを集められます。そこで本記事では、業務改善に役立つ社内アンケートの作り方や質問例、実施のポイントを解説します。

続きを読む

わかりやすい業務マニュアルの作り方とは?作成手順とポイント

業務効率化やサービス品質の向上を図るうえで、業務のマニュアル化は重要です。作業手順を明確にすることで、誰でも一定の品質で働けるようになり、業務のミスやトラブルを未然に防ぐことができます。しかし、わかりやすい業務マニュアルを作るためには、マニュアルを作る目的を理解したうえで、適切な手順で作成する必要があります。

そこで本記事では、業務マニュアルを作成する目的や作成方法を説明するとともに、作成時の注意点、業務マニュアル作成ツールの種類などを解説します。業務マニュアルの作成担当者の方は、ぜひご確認ください。

続きを読む

業務改善の気づきとは?重要な理由や効率化に生かす方法

人手不足や働き方改革などの影響で、企業を取り巻く環境は激しく変化しています。このような状況下で組織全体の利益拡大を目指すには、適切な施策を実行して業務効率化を実現する必要があります。しかし、自社の課題を正確に把握するには、現場で働く社員の「気づき」が欠かせません。

そこで本記事では、業務改善における気づきの重要性、気づきを業務改善に活用する方法、社内で従業員の気づきを促すポイントを解説します。ボトムアップの改善活動を検討している方は、ぜひご確認ください。

続きを読む

業務改善における問題点の洗い出しとは?実践の方法やポイント

さまざまな業界で人手不足が深刻な昨今、業務改善は重要な取り組みとなっています。適切な手順で業務改善を行うことで、会社の生産性向上やコスト削減につながるからです。そして、業務改善のステップの1つである「問題点の洗い出し」は、改善活動の成果に大きく影響します。

そこで本記事では、業務改善における問題点の洗い出しの重要性や具体的な手順、洗い出しの際に意識すべきポイントについて解説します。組織の業務効率化を検討している管理職や担当者の方は、ぜひご確認ください。
続きを読む

コールセンターのマニュアル作成方法|活用のためのポイント

電話対応マニュアルは、コールセンター(コンタクトセンター)においてサービス品質を均一化するために役立ちます。マニュアルには、業務の手順や流れが明確に記載されており、経験の浅い新人オペレーターでもスムーズな受け答えが可能になるためです。

本記事では、コールセンターのマニュアルに掲載すべき内容、作成手順、作成時に気をつけたいポイントを解説します。コールセンターの責任者やマニュアル作成者の方は、ぜひご確認ください。

続きを読む

業務改善のアイデア5選|アイデア出しのポイントと実践時の注意点

業務プロセスの改善は、企業が生産性向上・業務効率化を図るための効果的な手段です。近年は、働き方改革の推進やテレワークの普及に伴い、業務プロセスの改善が企業にとって重要性が増しています。しかし、実際に業務改善のアイデアを考えることは容易ではなく、実行には手間がかかります。

そこで本記事では、アイデア出しのコツ、具体的なアイデア、実践する際の注意点をご紹介します。業務改善のために情報収集中の方は、ぜひご確認ください。

続きを読む

業務改善の提案書を作成する方法は?手順や記載項目、提案を通すコツ

業務改善は、企業の利益向上に必要不可欠な取り組みです。不要な業務プロセスや課題を発見できれば、業務効率化やコスト削減につながり、組織全体の生産性向上につなげられます。しかし、業務改善の実施には上層部の承認が必要なケースも多々あるため、説得力のある提案書を作らなければなりません。

そこで本記事では、業務改善の提案書を作成する手順、記載すべき項目、提案を通すための注意点をご紹介します。業務改善の担当者の方や、提案書の書き方を知りたい方は、ぜひご確認ください。

続きを読む

マニュアル作成にテンプレートを使用するメリットとデメリットとは?

業務マニュアルを作成する際、テンプレートの使用は欠かせません。マニュアルの骨子となる部分があれば、記載内容に抜け漏れが出づらく、デザインにも統一感を持たせることができるためです。また、早い段階でマニュアルの全体像が明確になるため、作成にかかる時間も短縮できるでしょう。読み手としても、テンプレートに沿ってレイアウトやデザインが整理されていれば、見やすく使いやすいマニュアルになります。

そこで本記事では、マニュアル作成にテンプレートを使用するメリット・デメリット、テンプレートの作成方法、マニュアルを分かりやすくするコツなどをお伝えします。

続きを読む

ワークスタイル変革を力強くサポートする
マニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」

すでにマニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」をご利用の方はこちら

お問い合わせ 無料
トライアル
資料
ダウンロード
ページ
トップ