業務に関するビッグデータを自動的に記録

業務を可視化し、改善に活かす 
業務効率化ツール D-Analyzer※特許出願中

  • 業務ログ自動収集業務ログ自動収集

    社内の全業務に関する
    ビッグデータを自動収集

  • 業務フロー自動抽出業務フロー自動抽出

    ビッグデータを分析し、業務フローを自動抽出

  • RPA効果測定RPA効果測定

    業務を可視化し、
    業務効率化に活かす

D-Analyzer(ディーアナライザー)とは?

D-Analyzer (Dアナライザー / ディーアナライザー) は日常的に業務を自動収集・可視化し、業務を改善、効率する手掛かりとなる情報を見える化する業務効率ツールです。

現在の業務を継続的・定量的に判断できるため、ボトルネックを洗い出す、二つの作業を比較し効率的な業務フローを選ぶなど、今まで時間と根気が必要だった『根拠のある業務改善』を推進できます。

DanalyzerとはDanalyzerとは
業務で生じるビッグデータの収集
いつもの業務を
いつものパソコンで行うだけ
D-Analyzerがタスクマイニング
膨大かつ細かなデータを分析し、
タスクレベルでの課題やどこがボトルネックかなどを分析
管理画面で分かりやすく可視化
業務改善ヒントとなるデータや業務効率化につながる情報を分かりやすく管理画面で可視化

D-Analyzerとは >

D-Analyzerの特長/選ばれる理由

D-Analyzerは業務を可視化する業務効率化ツールです。ただ、ビッグデータを集計して表示するのではなく、
業務改善のヒント・気づきとなるデータを管理画面で提供します。

  • 操作ログの自動収集

    操作ログの自動収集

    ユーザーのPCの操作情報を一つの操作単位で自動収集します。
    対象ユーザーはD-Analyzer をインストールしいつも通りにPCの操作を行うだけですので、業務に支障なくビッグデータを蓄積することができます。

  • 業務フローを自動抽出

    タスクマイニング

    自動収集したビッグデータはタスクマイニングにより、自動集計・分析されます。
    「操作分類」や「業務パターン」の集計、また業務プロセスのフローを自動で抽出し、フローチャート式で分かりやすく可視化します。
    分析結果はお客さま専用の分析画面で、いつでも確認ができます。

  • RPA化前後の効果測定

    業務の可視化データの活用

    分析画面に表示されるデータはそのまま様々な業務効率化・業務改善に活かすことができます。
    2つの業務フローを比較して効率的なフローを判断したり、RPA化できる業務を抽出、また業務分担の偏りやナレッジ散逸などの課題が見え、適正な人員配置や指導・ナレッジ共有が実現します。

D-Analyzerの特長 >

D-Analyzerの活用シーン

ビッグデータは見方によって、さまざまな課題を解決するための材料になります。ボトルネックを発見して
業務改善・業務効率化を定量的に比較し管理に活かすなど、活用シーンは多岐にわたります。

  • 業務の適正分担 / 生産性の向上

    • 業務分担に偏りがないか確認したい
    • 効率的なフローがあれば、共有したい
    • 非効率な業務を可視化し、無くす方向で進めたい
      など業務の適正判断に役立つ情報を提供します
    D-Analyzer 活用シーン1 >
    業務の適正分担 / 生産性の向上
  • テレワーク / 残業の管理

    • テレワーク(リモートワーク)の適切な稼働管理をしたい
    • テレワーク時に適切な業務の割り振りを行いたい
    • 残業が適正か判断したい
      などテレワークや残業に関する疑問に定量的に答えます
    D-Analyzer 活用シーン2 >
    テレワーク / 残業の管理
  • システム運用コストの削減・適正化

    • 色々なシステムを入れているが、使われているのかわからない
    • 導入システムの統廃合を進めて費用を削減したい
    • アカウント数の適性を図りたい
      などシステム運用に関する課題を見える化します
    D-Analyzer 活用シーン3 >
    システム運用コストの削減・適正化
  • RPA導入前の課題解決

    • RPA化できる適切な業務の判断ができない
    • RPA化する業務を洗い出す方法が分からない
    • コンサルティング会社に見積もりを行ったが高額
    • ROIを示しにくく、導入に尻込みしてしまう
      などRPA導入前のよくある課題を解決します
    D-Analyzer 活用シーン4 >
    RPA導入前の課題解決
  • RPA導入後の課題解決

    • 現場へのヒアリング、RPAの検証・導入までに長時間要してしまう
    • 長時間要したが、果たして適切な業務のRPA化ができているのか不安
    • 導入後の効果測定ができず、経営層に効果を説明できない
      などRPA導入後のよくある課題を解決します
    D-Analyzer 活用シーン5 >
    RPA導入後の課題解決

D-Analyzerの活用シーン >

D-Analyzerの主な機能

ビッグデータは見方によって、さまざまな課題を解決するための材料になります。ボトルネックを発見して
業務改善・業務効率化を定量的に比較し管理に活かすなど、活用シーンは多岐にわたります。

  • 操作ログ自動取得

    操作ログ自動取得

    D-Analyzer はアプリケーションごとのPC操作のログをすべて自動で取得します。業務に支障を与えることなく、様々なビッグデータが収集されます。

    操作ログ自動取得について
  • フローチャート

    フローチャート

    選択した業務を中心に、その前後の業務をフローチャート形式で見やすく、グラフィカルに表示し、編集ができる機能です。

    フローチャートについて
  • 多彩なビッグデータ分析

    多彩なビッグデータ分析

    アプリケーションごとの利用状況や、一人一人のPC利用状況など、さまざまなデータをユーザー/部署ごと、日時別など様々な情報でソートやフィルタリングを行い分析します。

    多彩なビッグデータ分析について
  • ダッシュボード

    ダッシュボード

    業務を定量的に評価したり、テレワークの稼働管理をするには、データをシンプルに可視化することが必要です。「見ればわかる」状態にするのがダッシュボードです。

    ダッシュボードについて
  • 帳票出力

    帳票出力

    知りたい情報に加工したデータをWeb上の管理画面で表示するだけでなく、帳票としてCSVファイルに出力できます。

    帳票出力について

D-Analyzerの主な機能 >

ホワイトペーパーダウンロード

D-Analyzer 業務効率化レポート①

『 RPA導入にまつわる5つの“危険な”落とし穴 』
<ホワイトペーパーダウンロード>

RPA(Robotic Process Automation)の導入における意思決定、業務分析、導入、運用の各フェーズに潜む、5つの危険な落とし穴を紹介しています。

落とし穴を回避するために重要となる3つのポイントと、RPA導入支援ツール「D-Analyzer」を活用することで実現できる効果について解説します。

ホワイトペーパーをダウンロードする
(3.1MB)

業務可視化 / 業務効率化ツール
D-Analyzerに関するお問い合わせ

電話(平日9:00~18:00)

0120-114-392

D-Analyzerお問い合わせ