Dojoシリーズ
Dojoコラム

コラム

社内教育にeラーニング、取り入れてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社内教育は企業の発展のためには欠かせないカリキュラムです。一方で、費用や時間がかさみがちで企業は頭を悩ませています。この記事では、社内教育を効率化するためのeラーニングという選択肢について説明していきます。

新人教育や研修、アナログで行うのは大変

企業が新入社員を採用したら、「新人教育」や「新人研修」を行うのが一般的です。新人教育の期間に新人は社会人として最低限知っておかなくてはいけないビジネスマナーや常識を叩き込まれます。また、経営理念や会社の沿革を再確認し、現場に配属される前に会社の一員としての自覚を強めていきます。さらに、教育期間では社員契約を結ぶために必要な書類の記入、社則の説明なども行うので企業側にも重要なカリキュラムとして認識されています。

しかし、新人教育が現場で大きな負担になっているケースも珍しくありません。特に「アナログ方式」と呼ばれる従来の教育スタイルは現場の悩みの種です。たとえば、新人教育のためには会場や講師を確保しなければいけません。資料を作成し、教育スケジュールを組み立てるのも社員の役目です。他の業務と並行して新人教育も準備しなくてはいけないので、担当社員の忙しさは尋常ではなくなります。しかも、大きな労力を重ねて行った新人教育が必ずしも良い反応を得られるとは限りません。コストと教育の質を両立できていない新人教育は多く、企業の問題点の一つです。

社内教育の強い味方… eラーニングコンテンツの魅力とは

新人教育の不安を解消するべく、eラーニングを現場に導入する企業が増えています。eラーニングとは「オンライン上で行える教育システム」を指す言葉です。効率的な授業を提供できるよう、主に教育機関で用いられるようになりました。企業向けに開発されたeラーニングシステムもあり、新人研修以外でも「業務効率化の指導」「営業カリキュラムの共有」などで成果を挙げています。

eラーニングのメリットは第一に「受講者が自分のペースで学べる」点です。アナログ教育では一人の講師が大勢の受講者を教える形式だったため、「理解が早い受講者」か「理解が遅い受講者」のいずれかに寄り添った授業ペースに偏るしかありませんでした。その結果、全ての受講者が満足しにくい教育が蔓延していました。受講者が自分のペースでシステムに接続し、受講できるeラーニングでは「授業スピード」への懸念が軽減されています。また、「毎回授業の準備をする手間の省略」「受講生ごとの理解度のチェックが可能」といったメリットもあり、eラーニングは企業にも受講生にも歓迎されています。研修における「会場費」や「講師の報酬」などを節約できるのも魅力のうちです。

Dojoで他社より一歩先の社内教育を!

eラーニングが浸透した時代では、「eラーニングの質」にこだわり他の企業と新人教育の差をつけることが大切です。Dojo(ドージョー)は社内教育の可能性を広げるeラーニングコンテンツ作成ソフトです。
Dojoをインストールするとwindowsのアプリケーションで簡単に教育マニュアルが作成できます。特にインターネットやソフトウェアの知識がない人でも操作ができるので、担当者を選ばないのが大きなメリットです。テンプレートのレイアウトや動画作成機能もクオリティが高く、美しい画面が多くの企業から支持されています。

Dojoはeラーニングにぴったりの「テスト機能」もそなえています。単にマニュアルを学ぶだけではなく、テストによって知識を復習し記憶していくために最適です。また、自動音声機能によってテキストを音声で説明していくことも可能です。

Dojoはバックアップ体制も整っており、万が一トラブルが生じたり、操作で分からないポイントがあったりしたらしっかりとサポートし続けます。eラーニング作成ソフトは「使いやすさ」と「保証」の両方から検討したいところです。Dojoはいずれも満たした「差のつく」eラーニングを実現できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークスタイル変革を力強くサポートする
マニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」

すでにマニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」をご利用の方はこちら

お問い合わせ 無料
トライアル
資料
ダウンロード
ページ
トップ