Dojoシリーズ
Dojoコラム

コラム

業務効率をアップさせる!アウトソーシングを活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの企業ではやらなければいけない業務が増えすぎて、営業活動に割く時間がなくなってしまう課題を抱えています。この記事では、業務効率化を実現させ重要な仕事に集中するための方法としてアウトソーシングを解説します。

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは社内の業務を外部企業に委託する仕事のあり方です。アウトソーシングはさまざまな分野に適用されており、社内の負担を減らして社員が最優先に取り組むべき仕事に集中するための方法として浸透してきました。たとえば、製造業において特定の商品を他社の工場に委託するのはアウトソーシングの一種です。また、社内セキュリティやサーバ管理、インターネット関連のメンテナンスを専門の業者にアウトソーシングしている企業も少なくありません。営業活動においてもアウトソーシングはたびたび行われています。営業の一部をアウトソーシングして、社内の営業職の手が届いていない顧客を担当してもらうと業務が効率化します。また、営業職が行ってきた事務作業を他社に委託すると、営業職は利益を上げるための仕事に集中できるようになるでしょう。仕事量が社員のキャパシティを越えている企業では、アウトソーシングを検討してみるのがおすすめです。社員のスケジュールがすっきりして、計画を立てやすくなるのもアウトソーシングの大きな意義です。

アウトソーシングの特徴と利点

アウトソーシングの特徴は「社内で時間的、技術的余裕がない業務から解放される」点にあります。企業が成長していくための障害をクリアし、社員にとっての優先事項を明確にするためにアウトソーシングは重要です。アウトソーシングが成功すると、社員は不得意分野や本分から外れた業務にかける時間を大幅に減らし、本来の業務に集中できるようになります。結果的に会社の利益が上がるだけでなく、社員が残業や休日出勤から解放されストレスを感じずに働ける環境も整えられます。また、会社の可能性を広げるためにもアウトソーシングは大切です。もしもクライアントから自社では対応できない案件を依頼されたとき、通常であれば断りを入れるしかありません。すると、ライバル社に利益を譲らなければいけない可能性も出てきます。しかし、アウトソーシングを前提にすれば、自社に十分なノウハウがない案件も引き受けられます。利益を確保できるだけでなく、クライアントからの信用を維持するためにもアウトソーシングは役立つのです。

さまざなな場面で活用できるアウトソーシング

アウトソーシングが実施される分野は広がっており、新人教育などへの応用も新たに注目されています。これまで新人教育といえば一カ所に新人を集めて講師の説明に従い進めていく方法が一般的でした。しかし、従来の方法だと新人の理解力によって差が生じるだけでなく、「より詳しく学びたい」と考える新人の要望にも対応できませんでした。また、講師を雇う費用はもちろん、テキストを作る手間もかかるため社員にとっての負担にもなっていたのです。新人教育をアウトソーシングすると、大幅にコストが削減されるため新人にとっても社員にとっても理想の研修が実現します。新人教育のアウトソーシングではマニュアル作成ソフトが重用されています。ソフトによってマニュアルを用意するとeラーニングシステムへの切り替えがスムーズです。新人は自分のペースに合わせてマニュアルを読み進めて理解度が深まります。アウトソーシングの可能性に目を向けて、企業のストレスになっている部分をどんどん外注していきましょう。

企業が業務効率化へと近づき、レベルアップしていくためのアウトソーシングは役立ちます。特に、社員教育をアウトソーシングするのはおすすめであり、マニュアル作成ソフト「Dojo(ドージョー)」が役立つでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークスタイル変革を力強くサポートする
マニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」

すでにマニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」をご利用の方はこちら

お問い合わせ 無料
トライアル
資料
ダウンロード
ページ
トップ