Dojoシリーズ
Dojoコラム

コラム

社員の教育のポイントは?時間と場所を選ばない教育システムが便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業が生き残っていくためには社員を教育して貢献してもらう必要があります。そのためには社員教育が欠かせません。しかし、社員教育の効率を上げたいと悩んでいる研修担当者もいるでしょう。そこで、社員教育で大切なポイントを3つご紹介します。

社員教育のポイント①まずは社員のスキルを把握しよう

社員教育の1つ目のポイントは社員のスキルを把握することです。社員教育のやり方としては対象者全員に同じ内容を教えるという方法があります。しかし、社員はそれぞれがすでに持っている知識や経験、スキルなどに違いがあるのです。そのため、全員に対して一律の教育を行うことは必ずしも効果的とはいえないでしょう。効果的な社員教育を行うためには、社員個人のスキルを把握する必要があります。そのうえで、それぞれが伸ばすべきスキルや吸収すべき知識、弱点を克服できる内容に合わせて社員教育のコンテンツへ変えていくことが必要です。また学習進捗度も個人別に把握して教育を進めていくことも大切です。個人別スキルに合わせた社員教育ができれば効率よく社員教育を進めることが実現でき、早くスキルを伸ばすことにつながるはずです。社員ひとりひとりのスキルを正確に把握することから始める必要があるといえます。

社員教育のポイント②スキルに合った学習教材の提供

社員教育を行うための2つ目のポイントとしては、把握できた個人別のスキルに合った学習教材を提供することがあげられます。正確にスキルを把握できたとしても、その人に合った学習教材が提供できなければ効率的な教育を行うことは難しいでしょう。さまざまなスキルや学習レベルに合った教材のバリエーションをそろえなければ社員別にカスタマイズされた教育を実現できません。一般的なテキストのように論点を最初から順番に学んでいく教材だけでなく、弱点部分の理解が進むように工夫されたコンテンツを用意したり、学習進捗度によって必要なところだけを簡単にピックアップできる教材を開発したりする必要があるでしょう。社員に合った学習教材が提供できれば無駄な勉強に時間を割く必要がなくなり、社員の学習意欲の向上と学習時間短縮というメリットが得られます。

社員教育のポイント③誰でも簡単に学習可能なシステムづくり

社員教育のポイントの3つ目は誰でも簡単に学習できるシステムを用意することです。研修担当者が個別に各社員のスキルを正確に把握するにはかなりの時間を要するのが一般的です。そのため、簡単にスキルを把握できるシステムが必要です。また、社員自らが自分のスキルの種類やレベルを客観的に確認できることも重要です。効率的に学習を進めていくためには、「自分は何を学習すれば成長できるのか」「どんな目標を持って学習を進めたらよいか」といったガイドラインがあった方がよいでしょう。自ら進捗度や達成度が把握できるシステムで社員教育を進めることが大切です。さらに、スキルに合わせて自動的に最適な学習コンテンツを提供できるシステムがあれば社員自身もスムーズに学習を続けていけるでしょう。社員教育を行う会社側も手間をかけずに効率のよい社員教育ができるというメリットがあります。システムの操作が難しいとうまく活用することは難しいですが、簡単に使えるシステムであれば社員にとっても会社にとっても大きな魅力となるでしょう。

eラーニングなら時間と場所を選ばない学習が可能

各社員のスキルを正しく把握して適切な学習コンテンツを提供できるeラーニングシステムは社員教育の強い味方となるはずです。おすすめするのがGAKTEん(ガクテン)は、クラウドで利用できるeラーニング学習管理システムです。
このGAKTEんでDojo(ドージョー)で作成したeラーニングコンテンツを配信すれば、効果的な学習環境を構築することができます。Dojoは効率的なマニュアル作成ソフトですがeラーニング用のコンテンツ作成にも力を発揮します。テスト機能やシミュレーションコンテンツも充実していますので、スキルの把握や適切なコンテンツの提供が可能です。Dojoを使って思い通りのコンテンツを作成して効率的な社員教育システムを実現しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワークスタイル変革を力強くサポートする
マニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」

すでにマニュアル作成ツール・共有ツール
「Dojoシリーズ」をご利用の方はこちら

お問い合わせ 無料
トライアル
資料
ダウンロード
ページ
トップ