マニュアル作成・開発 Dojo

革新的マニュアル作成、eラーニングコンテンツ作成ツールDojoは、ソフトウェアスキル向上のための最先端トレーニングツールです。

ページ内移動リンク


TEPSS Dojo

HOME > News&Topics一覧 > ニュースリリース



ニュースリリース

マニュアル・eラーニングコンテンツ作成ソフト「Dojo(道場)」Version4.01をリリース

掲載日:2012/07/17

株式会社テンダ(本社 東京都豊島区)は、7月17日(火)より、主力製品であるマニュアル・取扱説明書・eラーニングコンテンツ自動作成ソフト「Dojo(道場)」(http://www.tepss.com/dojo/)Version4.01の提供を開始いたします。

今回のバージョンアップでは、ムービーキャプチャー機能の改良や、イメージファイルのインポート時の
画像サイズ自動調整など、お客様からのご要望を大幅に取り入れました。


【Version4.01で搭載された主な機能】

 ■ムービーキャプチャー(自動モード)のキャプチャー機能の改良
  ムービーキャプチャー(自動モード)でのキャプチャーでクリック操作とキー操作も
  キャプチャーできるようになりました。
 
  これまでは、ドラッグ&ドロップ操作のみキャプチャーできていたため、
  都度キャプチャーモードを切り替える必要がありましたが、
  この機能により、一度指定した条件でスームーズにキャプチャーをおこなうことができます。


 ■キャプチャー画像編集時のイメージファイルをインポートで画像サイズを自動調整
  キャプチャー画像の編集機能でイメージファイルをインポートした場合、
  インポートした画像のサイズに自動調整されるようになりました。
 
  これまでは、キャプチャー時の画像サイズが固定であったため、
  インポートした画像が切れてしまう、背景に元画像が残っていまうことがありましたが、
  この機能より、どんな画像サイズでも事前編集することなく差し替えることができます。


 ■マウス軌跡アクションの表示時間の編集
  マウス軌跡アクション全体の表示時間を編集できるようになりました。
  これまでは、マウスカーソルのアイコン単位で編集する必要がありましたが、
  全体の表示時間を編集するだけで各アイコンに均等に時間を分割され、編集作業が軽減できます。


「Dojo」は、今後もお客様のご要望にお応えするべくロードマップを充実させ、業態に縛られることなく
改適な学習環境を提供できるソフトとして支援して参ります。

■■Dojo(道場)とは?■■ http://www.tepss.com/dojo/

Windows上でアプリケーションの操作を行うだけで、自動でマニュアルや取扱説明書、eラーニング教材が作成できるマニュアル・教材作成ソフトウェアです。マニュアル作成の工数を50%以上削減でき、経費節減かつ業務効率向上を実現できるとして支持を受け、現在約1600社の企業様にご導入いただいています。

また、財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が主催する「第21回中小企業優秀新技術・新製品賞 ソフトウェア部門」にて、優秀賞を受賞しています。



<本製品に関するお問い合わせ・資料請求・体験版はこちら>
株式会社テンダ エンタープライズソリューション営業チーム TEL 03-3590-4110 psg@tenda.co.jp
設立 :1995年 6月 1日
資本金 :払込資本 2000万円
従業員 :127名(2011年5月末現在)
所在地 :〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-11-1メトロポリタンプラザビル17F
http://www.tenda.co.jp/

           
ページの上へ